二番煎じのガジェットブログ

スマホなどのガジェットメインのライトユーザー向けブログです、体験及びリサーチしたお得情報を初心者目線でお届けします^_^【プライバシーポリシー】はじめに二番煎じ(https://nibansenjiblog.hatenablog.com、以下当サイト)は、個人情報に関する法令等を順守し、個人情報を適切に取り扱います。【お問い合わせ】dnyxh911@yahoo.co.jp

初心者におすすめのiPadとおすすめ保護フィルム紹介!

f:id:thingofpunk:20210917155207j:plain

どうも二番煎じです、今回は初心者におすすめのiPadとおすすめの保護フィルムを紹介します。

iPadはpro、air、無印、miniと種類が豊富なのでiPad入門にちょうど良いシリーズ及び同じようで実は違う保護フィルムについて解説します。

この記事を読んで頂きiPad入門の手助けになれば幸いです。

またスマホと違い保護フィルムを用途によって使い分ける必要があるので初心者の方向けに併せて解説します。

それでは早速解説します↓


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【もくじ】

①初心者におすすめはiPad(第9世代)

②小型で持ち運びに便利なiPad mini(第6世代)

③保護フィルムは用途別で3種類

④最後に…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


f:id:thingofpunk:20210917160457p:plain

①初心者におすすめはiPad(第9世代)

まず初心者におすすめしたいのがiPad(第9世代)です。

おすすめポイントはこちら↓

《安い》
39800円とリーズナブルな価格で購入可能。

《万能》
全てにおいてバランス良くこなせて無難。

《容量64GB》
ライトユーザーにちょうど良い64GBモデル登場。

まとめるとiPadどんな感じだろうと気になるがいきなりproシリーズは高額で手が出ない…そんな方に最上位の性能ではないがある程度それなりにこなせるほど良いiPadそれが無印iPad(第9世代)です。

価格が最安モデルで39800円なので多くの方の予算範囲に入ってきます。

廉価版ながらApple Pencil(第1世代)にも対応しており全体的に上位機種には劣るが及第点というコスパの良い仕上がりです。

新たに登場した64GBモデルの存在もAppleがライトユーザーを意識していると分かり、まだ使い方が明確でなくコスト重視ならまず選択肢に入ります。

サイズ感もディスプレイ10.2インチで大き過ぎず小さ過ぎずで可もなく不可もなくです。

ただ残念なのがオールマイティに使える分全てにおいて平均的過ぎて突出した部分が無い、また充電が接触不良になりやすいLightning端子であるということです。

iPadとは?の答えとも言える機種でとりあえずポチッても後悔しません↓



f:id:thingofpunk:20210917160726j:plain

②小型で持ち運びに便利なiPad mini(第6世代)

続いておすすめなのが今一番人気があると言っても過言ではないiPad mini(第6世代)です。

おすすめポイントはこちら↓

《小型ハイスペック》
A15チップ搭載かつ8.3インチで持ち出し◎。

《USB-C》
充電端子が汎用性と安定感のあるUSB-C端子。

《カラーバリエーション》
新色を含めた4色展開。

まとめると外にカジュアルに持ち運びたい、ちょっとクリエイティブな事をしたいと考えているユーザーにうってつけのiPadです。

高性能なA15チップを搭載しApple Pencil(第2世代)にも対応しているため今はぼんやりとした使用目的が明確になった際に真価を発揮します。

壊れやすいLightning端子ではなくUSB-C端子になっていたり電源ボタンによるTouchIDもコロナ禍では嬉しい要素です。

5Gにも対応しているので大型のiPhoneとしても使えるためコンパクトかつ高性能を活かした多様性はiPad入門として別アングルとなりますがアリかと思います。

ただ価格が1番安いモデルで無印より2万円高い59800円なのでコストを重視したい方にはネックになります。

iPhone13より話題になっている機種で新色のスターライトはゴールドに近く映えから高い満足度とアクティブ感を得られます↓



f:id:thingofpunk:20210917160807p:plain

③保護フィルムは用途別で3種類

おすすめiPadは無印とminiの2機種になりますが使用する前に必須になるのが保護フィルムです。

iPadの保護フィルムは用途別で3種類あります(ブルーライトカットに関しては設定で対応できるため省略)↓

《ガラスフィルム》
最もポピュラーな保護フィルムで画面の鮮明さをキープしつつ画面を保護します。

《アンチグレアフィルム》
光が画面に反射しないタイプの保護フィルムで、iPadを使って資料などを誰かに見せたりするシーンで活躍します。

しかし光が反射しない特殊な加工のせいで画面がにじむように若干不鮮明になります。

《ペーパーライクフィルム》
Apple Pencil専用と言うべき保護フィルムで表面に凹凸があり紙の引っ掛かりを再現できます。

ナチュラルに書き物をしている感覚になるのでApple Pencilがより使いやすくなります。

ちなみにペーパーライクかつアンチグレア加工もされているフィルムや脱着式の製品もあります。

iPadの保護フィルムでおすすめなのは『NIMASO』製で取り扱い実績とラインナップの豊富さが売りです。

迷ったら『NIMASO』製を選べば間違いないです。

また貼りやすさにも定評があるので初心者でも安心かと思います。
 

f:id:thingofpunk:20210917160944j:plain

④最後に…

いかがでしたでしょうか?やはり初めてのiPadとなると無印ことiPad(第9世代)が無難かと思います。

保護フィルムに関してはスマホよりも用途によるメリットが大きいので重要となります。

また購入に関して急ぎでないなら初売りセールを狙うのもアリです。

今年の初売りは対象商品購入でAppleギフトカードが貰えましたのでApple製品で固めたいと考えている方はぜひぜひ。

今回は以上となります、今後もガジェットに関する情報を分かりやすくまとめて発信しますのでチェックよろしくお願いします。

それでは失礼します。
 

Radiotalkによる音声情報発信👇
二番煎じのガジェットRadio https://radiotalk.jp/program/83609


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

↑クリックで応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


「当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」