二番煎じのガジェットブログ

スマホなどのガジェットメインのライトユーザー向けブログです、体験及びリサーチしたお得情報を初心者目線でお届けします^_^【プライバシーポリシー】はじめに二番煎じ(https://nibansenjiblog.hatenablog.com、以下当サイト)は、個人情報に関する法令等を順守し、個人情報を適切に取り扱います。【お問い合わせ】dnyxh911@yahoo.co.jp

Pixel6/Pixel6 Proサンプルとデモ機チェック!!噂の発熱は…!?エッジの操作感は…!?

f:id:thingofpunk:20211025144241j:plain

どうも二番煎じです、ケータイショップの店頭にPixel6/Pixel6 Proのサンプルとデモ機がありましたので解説していきます。

あくまでサンプルとデモ機の使用感になりますので予めご了承ください。

また今回は項目に判定マークをつけました(私の主観ですのでご承知ください)

この記事を読んで頂き少しでも購入の判断材料となれば幸いです。

発熱に対する不安やエッジ操作の安定感など実際に感じた事を忖度なしで解説してますのでぜひ最後までご覧ください↓


━━━━━━━━━━━━━━━━

【目次】

①発熱△

②処理能力○

③ハード○

④色味◎

⑤Pixel6 Proエッジ◎

⑥最後に…

━━━━━━━━━━━━━━━━


f:id:thingofpunk:20211025145806j:plain

①発熱△

まず私が確認したのは発熱です、デモ機を操作した方の多くが発熱が気になったとコメントしていました。

デモ機を触ったところしっかりと発熱を感じました…発熱はカメラなどのアプリが強制終了したりバッテリーの劣化が早まるなど不具合の原因にもなります。

しかし確かに発熱は感じましたが異常な発熱ではなく全体的にホカホカしていた印象でした。

さすがにデモ機で動画撮影は試しませんでしたが一通り操作していて一定の発熱を超える感じではなく安定してじんわり発熱していると感じました。

f:id:thingofpunk:20211025151208j:plain

一部情報ではこの発熱の要因はデモ機のアプリ及び常に充電状態である事に起因しているとされていますが真相は不明です…


f:id:thingofpunk:20211025151750j:plain

②処理能力○

デモモードなど一通り操作したところ動作は安定しておりもっさり感はありませんでした。

特にディスプレイ表示が綺麗で滑らかさや鮮やかさが際立っていました。

ただ気になったのがもっさりしないもののずば抜けて処理が速いわけではなく、デモモードやオペレーションはスムーズですがネット通信に関しては普通に感じました。

f:id:thingofpunk:20211025152728j:plain
f:id:thingofpunk:20211025152804j:plain

消しゴムマジックやMaterial Youなど独自SOC『GoogleTensor』の最適化が顕著に現れていたと思います。
従来のPixelシリーズのスタイル変更と違いデザイン性・アート性が高く注目です。


f:id:thingofpunk:20211025153546j:plain

③ハード○

続いてハード面になります、Googleはハード面に弱いという話を過去記事でもしていましたがサンプルやデモ機を触った感じですと可もなく不可もない造りだと思いました。

重さはカメラ部分が出ている影響かしっかりと重さを感じ頭から落としてしまう未来を想像してしまいました…(Pixel6 Proは210gで雪印のバターと同じぐらいの重さです)

f:id:thingofpunk:20211025154318j:plain

サイズ感はPixel6(6.4インチ)Pixel6 Pro(6.7インチ)で上記画像のPixel5(6インチ)からPixel6に機種変更される方は許容範囲でPixel6 Proに変える方はいきなりパンプアップし使いにくく感じるかもしれません。


f:id:thingofpunk:20211025154807j:plain
f:id:thingofpunk:20211025154833j:plain

④色味◎

実機の色味ですがGoogleストアのプロモーションカラーに近くはありますがサンプル・デモ機の方が色味が薄い気がしました。

店頭の照明や反射による環境の影響かもしれません。

個人的にですがPixel6はオシャレでPOPな雰囲気です。

f:id:thingofpunk:20211025155713j:plain
f:id:thingofpunk:20211025155727j:plain

Pixel6 ProはCloudy Whiteのサイドがシルバー、Sorta Sunnyのサイドがゴールドになっておりワンランク上の高級感がありました。

共通カラーであるStormy Blackは無難すぎるのでケースなどでアクセントをつけた方が良いかなと思いました。


f:id:thingofpunk:20211025160244j:plain

⑤Pixel6 Proエッジ◎

そしてPixel6 Pro購入予定の方が気になっていたであろうディスプレイのエッジですが想像よりはエッジ感が無いと思いました。

確かにPixel6と比べるとエッジではありますがGalaxyS7エッジの様ななだらかなエッジではなく、GalaxyS9の様なエッジぽい感じとなります。

f:id:thingofpunk:20211025160827j:plain

デモ機にてわざとエッジに振れる様に無理な操作をしてみましたが誤反応・誤判定は特に感じませんでした。


f:id:thingofpunk:20211025161452j:plain

⑥最後に…

いかがでしたでしょうか?サンプルとデモ機であることや私の主観になりますのであくまで参考やイメージとしてとらえて頂きたいです。

また4K動画の発熱具合や画面内指紋認証の精度など試せていない事も多くあります…

しかし早期購入キャンペーンは11月7日まででそれまでには私がPixel6のレビュー記事を投稿予定です。

購入を迷われている方は製品の実機レビューも参考にして判断材料にして頂ければと思います。

今回は以上となります、今後もPixelをはじめガジェットに関する情報を分かりやすく発信しますのでチェックお願いします。

それでは失礼します。

※サンプル・デモ機を触ってみたところ頭のカメラの重みや引っ掛かりがやはり気になりました…落下など破損に備えたケース選びが必須です↓

『Spigen』製品は高品質で種類も豊富です、特にアーマーケースは滑りにくい設計となっておりおすすめです、信頼と実績の『Spigen』製をぜひお試しください。


音声情報発信(ブログ関連メイン)👇
二番煎じのガジェットRadio https://radiotalk.jp/program/83609


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

↑クリックで応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


Twitterフォローお願いします🐦
https://twitter.com/thingofpunk


「当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」