二番煎じのガジェットブログ

スマホなどのガジェットメインのライトユーザー向けブログです、体験及びリサーチしたお得情報を初心者目線でお届けします^_^【プライバシーポリシー】はじめに二番煎じ(https://nibansenjiblog.hatenablog.com、以下当サイト)は、個人情報に関する法令等を順守し、個人情報を適切に取り扱います。【お問い合わせ】dnyxh911@yahoo.co.jp

Pixel4a発売終了間近!?Googleストア在庫チェック!!Pixel4aをPixel5a(5G)と比較解説!!

f:id:thingofpunk:20211202222938j:plain

どうも二番煎じです、今回はGoogleストアで在庫なしとなっているPixel4aに関する記事となります。

Pixel4aはGoogleが発売していたAndroidスマートフォンPixel4の廉価版モデルです、Pixel6シリーズが人気のPixelですがPixel4aにしかない長所も少なからずあります。

現在Googleストアを確認すると長らく在庫なしとなっています(ベアリーブルーは入荷待ち設定可能)

これはもしやPixel4a終売の前兆と思い、同じく廉価版であるPixel5a(5G)と比較しaシリーズの魅力を皆様にお伝えできれば幸いです。

結論から言いますとライトユーザー、コンパクト、カメラの3つのポイントで輝きますので順番に解説していきます↓


━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【目次】

①サイズ感

②バッテリー持ち

③カメラ

④処理性能

⑤まとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


f:id:thingofpunk:20211204201737j:plain

①サイズ感

まずサイズ感ですがPixel4aが5.8インチでPixel5a(5G)が6.3インチとなります。

Pixel4aはGoogleストアのラインナップの中で圧倒的にコンパクトです。

重量もPixel4aが143gでPixel5a(5G)が183gとPixel4aの軽さが目立ちます。

片手操作や重さによるストレスがない唯一無二のPixelです。


f:id:thingofpunk:20211204203719j:plain

②バッテリー持ち

バッテリー容量はPixel4aが3140mAhでPixel5a(5G)が4680mAhとなります。

バッテリーに関してはPixel5a(5G)が歴代Pixelシリーズで最も優秀とされており、使い方にもよりますが丸2日充電しなくても余裕のバッテリー持ちです。

比べてPixel4aは目に見えてバッテリーの消耗を感じ、寝る前の充電はほぼ必須となります。


f:id:thingofpunk:20211204204231j:plain
f:id:thingofpunk:20211204204303j:plain

③カメラ

Pixelシリーズは夜景に強いカメラが最大の売りで、あのインフルエンサーひろゆきさんもPixelシリーズのカメラに魅力を感じ購入したエピソードがあります。

そんな優秀なカメラが廉価版のPixel4aやPixel5a(5G)にも搭載されておりカメラ目的でも購入する価値は十分アリです。

さらに付け加えるとPixel5a(5G)は本来得意ではなかった動画の性能が上がっています。

Pixel4aはナチュラルで綺麗な写真を自動で簡単に撮影できること、そしてGoogleフォトを無料で使い続けることができる現状最後のPixelです。


f:id:thingofpunk:20211204205553j:plain

④処理性能

処理性能はPixel4aがSnapdragon730GでPixel5a(5G)がSnapdragon765Gとなります。

ピンとこないと思いますのでスコアで説明するとPixel4aはスコア約270000点、Pixel5a(5G)は約300000点、ちなみに人気のiPhoneSE2は約490000点です。

Pixel4aは処理性能が低いので高負荷なゲームや動画編集などには向いていません、Pixel5a(5G)も原神などの重いゲームはカクつきますがPixel4aよりはまだ許せるレベルとなります。

逆にLINEやネットサーフィンなど普段使いには丁度良い性能です。


f:id:thingofpunk:20211204210858j:plain

⑤まとめ

いかがでしたでしょうか?Pixel6シリーズが注目されていますがaシリーズたちも名機揃いです。

Pixel5a(5G)はとにかくバッテリーライフが充実します、そしてその名の通り5G通信(ミリ波は非対応)に対応し、防塵防水であるためバランス良くまとまっています。

Pixel4aは性能は低めですが軽量でコンパクト、カメラも優秀でGoogleフォトが無料で使えるのでライトユーザーやカメラ用のサブ機として価値アリです。

Pixel5a(5G)は51700円でPixel4aは42900円とどちらもリーズナブル、しかし前述の通りPixel4aはブラックが在庫なし…ベアリーブルーが予約設定で何とか手に入れる事ができるレベルとなります。

Googleアメリカの企業だからかキャンペーンや在庫管理が独特に感じます…気になる方はGoogleストアを1度覗いてみてください。

今回は以上となります、今後もGooglePixelを中心にガジェットに関する情報を分かりやすく発信しますのでぜひチェックお願いします。

それでは失礼します、二番煎じでした。



f:id:thingofpunk:20211121212208j:plain
○Pixel6シリーズ保護フィルム注意

最後になりますが毎度の注意喚起【再周知】になります、Pixel6シリーズは超音波式ではなく光学式の指紋認証を採用しているため指紋認証の精度が良くありません…(アプデで改善したと一部ユーザーから情報あり)

対策としましては『再起動』『予め室外の悪い環境で指紋を登録』『ディスプレイ設定でタップ感度を向上をオン』にするをお試しください。

対策込みになりますが保護フィルムはサポート体制も含め『Spigen』製をおすすめします。

『Spigen』製品は人気で品薄ですのでお早めのご検討を推奨します。

Pixel6 ガラスフィルム↓

Pixel6 Pro 非ガラスフィルム↓

(Pixel6 Proはディスプレイがエッジタイプなのでガラスフィルム非推奨となります)

やらなきゃ損!?Amazonギフト券チャージ↓


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

↑クリックで応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


Twitterフォローお願いします🐦
https://twitter.com/thingofpunk


「当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」