二番煎じのガジェットブログ

スマホなどのガジェットメインのライトユーザー向けブログです、体験及びリサーチしたお得情報を初心者目線でお届けします^_^【プライバシーポリシー】はじめに二番煎じ(https://nibansenjiblog.hatenablog.com、以下当サイト)は、個人情報に関する法令等を順守し、個人情報を適切に取り扱います。【お問い合わせ】dnyxh911@yahoo.co.jp

どっちがおすすめ??Pixel6aとPixel6を比較!!Googleストアセールは5月16日まで!!

GoogleI/OイベントにてPixel6aが正式発表となりました。

Pixel6と今回発表されたPixel6aのどちらを購入するべきか、お悩みの方が多いのではないでしょうか?

そこで、Pixelユーザーである私がスペックの比較とおすすめポイント&注意点を解説します。

先に結論ですが、「Pixel6a」がおすすめです。

それではよろしくお願いします↓

《目次》

スペック比較一覧

Pixel6a / Pixel6

価格
53,900円 / 74,800円(セール60,988円)

重量
178g / 207g

サイズ
6.1 / 6.4

リフレッシュレート
60Hz / 90Hz

ガラス
ゴリラガラス3 / ゴリラガラスビクタス

バッテリー
4410mAh / 4614mAh(シェア可能)

防塵・防水
IP67 / IP68

メモリ・ストレージ
6GB・128GB / 8GB・128GB

セキュリティ
TitanM2 / TitanM2

生体認証
画面内指紋認証 / 画面内指紋認証

チップ
GoogleTensor / GoogleTensor

カメラ
12.2メガピクセル / 50メガピクセル(Proのみ超望遠)

オーディオ
ステレオスピーカー / ステレオスピーカー

おすすめポイント&注意点まとめ

Pixel6aのおすすめポイントは3つあります。

まず1つは、廉価版でありながらGoogleTensorチップを搭載し性能が高いです。

性能スコアが700,000点もあり、最新iPhoneの800,000点を考えるとハイスペックなのが分かります。

次にサイズ6.1インチ・重量178gと軽量化されているところです。

Pixel6が6.4インチ、Pixel6Proが6.7インチとどちらも200g超えで大型のため、Pixel6aのサイズ感は小型スマホ好きの方に最適なPixelとなります。

そして最後は「価格」で、競合のiPhoneSE3より安いのがデカいです。

しかもこのスペックで53,900円なので、間違いなく即買いレベルとなります。

ただし、Pixel6と比較し注意すべき点が3つあります。

まず1つはリフレッシュレートが60Hzと低いです。

リフレッシュレートの性能が低いと、ディスプレイがスムーズにスクロールされず違和感やストレスを感じる可能性があります。

次にディスプレイがゴリラガラス3です。

ゴリラガラス3は強度が弱く、保護フィルムを貼らないと使い物にならないと言ってよいでしょう…

最後になりますが、カメラセンサーが型落ちとなります。

Pixel6aはソフトウェアでカメラセンサーの弱さをカバーしていますが、「モーションモード」というカメラ機能が使えません。

Pixel6との違いはありますが、許容範囲のコストカットと言えます。

逆にカメラ性能やディスプレイにこだわる方はPixel6シリーズがおすすめです。

秋にPixel7シリーズ発売

先日のGoogleイベントにて、Pixel6aだけでなく「Pixel7シリーズ」や「PixelWatch」などの新製品も発表されています。

興味のある方は要チェックです↓
nibansenjiblog.hatenablog.com

最後に

Pixel6aはコスパの良いハイスペックなAndroidスマートフォンとなります。

ただしGoogleTensorチップは、不具合が多発傾向という欠点も抱えているので、Googleの素早い対応を願うばかりです。

また、Pixel6も気になる!という方はGoogleストアのセールが5月16日までとなりますのでご注意ください。

今後も、GooglePixel製品を中心にガジェットに関する情報を、分かりやすく発信しますのでぜひチェックお願いします。

それではまたお会いしましょう。


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

↑クリックで応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


Twitterフォローお願いします🐦
https://twitter.com/thingofpunk


BlogMapやってます🏷&👍
https://blogmap.jp/details/914


「当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」