二番煎じのガジェットブログ

スマホなどのガジェットメインのライトユーザー向けブログです、体験及びリサーチしたお得情報を初心者目線でお届けします^_^【プライバシーポリシー】はじめに二番煎じ(https://nibansenjiblog.hatenablog.com、以下当サイト)は、個人情報に関する法令等を順守し、個人情報を適切に取り扱います。【お問い合わせ】dnyxh911@yahoo.co.jp

【GooglePixelデバイス】Pixel6aの評判まとめ!!Pixel6ユーザー目線で解説!!

Pixel信者の二番煎じです。

今回は7月28日に発売された「Pixel6a」の評判をまとめました。

PixelシリーズはGoogleがリリースしている「純正Android」スマートフォンです。

私は、Pixel6aの購入を見合わせましたが、上位機種「Pixel6」所持のため、比較も含めて解説します。

この記事を読んで、Pixel6a購入の判断材料になれば幸いです。

〈目次〉

・サイズ感[◎]

Pixel6aは「6.1インチ・178g」です。

現在Googleストアで発売されているPixelシリーズの中で、最もコンパクトで軽量なPixelとなります。

Pixel6は6.4インチ・207gなので、Pixel6aのサイズ感は魅力です。

・処理性能[◯]

高性能チップである「GoogleTensor」を搭載しています。

性能スコアは約680,000点で、Pixel6の約650,000点より高いです。

これは、Pixel6aが上手く発熱を処理しているためだと思われます。

・カメラ[◯]

カメラと言えばPixelシリーズです。

特にナイトモードが素晴らしく、昔から高評価でした。

さらにGoogle独自の「消しゴムマジック」をはじめ多彩な機能満載です。

しかし、Pixel6と比べてセンサーサイズが小さく、手ぶれ補正も弱いのがネックとなります。

・指紋認証[△]

Pixel6で不安定だった指紋認証は、Pixel6aでかなり改善されています。

ただし、保護フィルムを貼るとロック解除の精度が低下するとの情報を多く確認しました。

個体差もあり、今後のアップデートに期待です。

・バッテリー持ち[△]

バッテリー持ちは、あまり良くないそうです。

海外のバッテリーテストスコアではPixel6とほぼ同じ約85点で、電池持ちの良いPixel5は約95点、Pixel5aは約120点と差があります。

また、充電速度が遅いとの口コミが多く気になるポイントです。

・発熱[△]

Androidスマホの課題である発熱問題ですが、Pixel6aの発熱はPixel6よりも抑えられています。

しかし、そもそもPixel6が発熱しやすく、電池持ちも悪いです。

つまり、Pixel6aの発熱はPixel6よりはマシな程度で考えた方が良いでしょう。

・本体強度[✕]

最後にPixel6aの購入に際して、最も注意すべきなのが「本体強度」です。

まず、ディスプレイが「ゴリラガラス3」で割れやすく、背面も強化加工されていません...

既にSNSで、画面割れや背面ひび割れの報告を確認済み。

そのため、アクセサリー類での補助が必須となります。

私のおすすめはガジェット界隈で絶大な信頼と実績を誇る「Spigen」製品です。

【AmazonでSpigen製品をチェック】


・総合評価[◯]

Pixel6aは、バッテリーライフ・発熱・タフさに不安がありますが、コンパクト&ハイスペックで価格が53,900円(税込み)とリーズナブルです。

円安・物価高の現代において、このコストパフォーマンスの高さはiPhoneに代わる選択肢となるでしょう。

今後GooglePixelは、スマートウォッチやタブレットの発売を予定しています。

GooglePixelデバイスで固めたい方は、秋発売の「Pixel7シリーズ」が視野に入りますが、とりあえず予算重視の方はPixel6aが最適解ですね(^^)/

コスパスマホ市場はPixel6aかiPhoneSE3の一騎打ちに⁉今後も目が離せません!!

バッテリーに関する補足記事⇩
nibansenjiblog.hatenablog.com


今回は以上となります。

今後もガジェットに関する情報を、分かりやすく発信しますのでぜひチェックお願いします。

それではまたお会いしましょう。


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

↑クリックで応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


Twitterフォローお願いします🐦
https://twitter.com/thingofpunk


BlogMapやってます🏷&👍
https://blogmap.jp/details/914


「当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」