二番煎じのガジェットブログ

スマホなどのガジェットメインのライトユーザー向けブログです、体験及びリサーチしたお得情報を初心者目線でお届けします^_^【プライバシーポリシー等】はじめに二番煎じ(https://nibansenjiblog.hatenablog.com、以下当サイト)は、個人情報に関する法令等を順守し、個人情報を適切に取り扱います。「当ブログは、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です」【お問合せ】dnyxh911@yahoo.co.jp

【Google製品】MadeByGoogleまとめ│予約・早期購入キャンペーンあり│Pixel7シリーズ│PixelWatch│PixelTablet

10月6日にGoogle公式イベント「Made By Google」が開催。

「Pixel7シリーズ」「Pixel Watch」の正式発表に加え「Pixel Tablet」のコンセプト発表がされました。

早速、各製品を確認しましょう⇩

〈目次〉

◯Pixel7シリーズ

マイナーチェンジではありますが、Pixel6シリーズの欠点を上手く修正したフラッグシップモデルです。

「Pixel7」

Pixel7は、6.3インチに197gと「コンパクトなTensorPixel」に仕上がりました。

・サイズ 6.3インチ
・ディスプレイ 有機EL 90Hz
・重さ 197g
・バッテリー 4355mAh
・チップ GoogleTensor G2
・RAM8GB/ROM128GB(カラーにより256GBあり)
・スピーカー ステレオスピーカー
・カメラ 広角&超広角
・ワイヤレス充電 対応
・生体認証 顔&指紋
・防水防塵 IP68
・おサイフケータイ 対応
・5G ミリ波非対応
・価格 128GB.82,500円/256GB.97,900円

「Pixel7Pro」

Pixel7Proは、望遠性能がアップし「歴代屈指のカメラPixel」に、カメラ性能にこだわるならProです。

・サイズ 6.7インチ
・ディスプレイ 有機EL 120Hz
・重さ 212g
・バッテリー 5000mAh
・チップ GoogleTensor G2
・RAM12GB/ROM128GB(カラーにより256GBあり)
・スピーカー ステレオスピーカー
・カメラ 広角&超広角&超望遠
・ワイヤレス充電 対応
・生体認証 顔&指紋
・防水防塵 IP68
・おサイフケータイ 対応
・5G ミリ波対応
・価格 128GB.124,300円/256GB.139,700円

◯PixelWatch

ずば抜けた性能ではありませんが、AppleWatchやGalaxyWatchなどの主流スマートウォッチとほぼ同程度のスペックです。

厚みがあるものの、円形なので問題ないと思われます。

LTEモデルはドコモ非対応のため注意です。

・サイズ 直径41mm
・厚み 12.3mm
・本体重量 36g
・ディスプレイ ゴリラガラス5
・バッテリー 294mAh(24時間持ち)
・チップ エクシノス9110
・RAM2GB/ROM32GB
・血中酸素&心拍数センサー搭載
・防水防塵 50m水没対応
・FeliCa 対応
・価格 Wi-Fiモデル.39,800円/LTEモデル.47,800円

※発売日は10月13日

◯PixelTablet

Pixel7シリーズと同じチップ「GoogleTensor G2」を搭載したタブレット型の端末です。

2023年に発売予定で開発中。

コンセプト画像から、専用の充電スタンドでスマートディスプレイにもなります。

◯予約・早期購入キャンペーン

Googleストアでは、Pixel7シリーズ正式発表を記念して、お得なキャンペーンを開催しています。

内容は、Pixel7購入で次回使える「21,000円分のストアクレジット」Pixel7Pro購入で次回使える「35,000円分のストアクレジット」がもらえます。

さらに、端末の下取り価格を増額しており、最大買取価格だとPixel7は実質無料、Pixel7Proは実質27,800円からでお得です。

また、事前登録者はGoogleから10%Offコードが配布されています。

ご自身の登録メールBOXを必ずチェックしてください⇩

※発売日は10月13日
※予約・早期購入キャンペーンは10月16日まで

◯驚きの価格設定

「Pixel7シリーズ」「Pixel Watch」が正式に発表されました。

話題の1つになったのが「価格」です。

前モデルより価格は上がってますが、その分スペックも向上し、キャンペーンも打ち出しています。

物価高の時代を考えると「GooglePixel」は最適解です。

最後になりますが、Google製品の弱点として「本体の作りが甘い」ことがあげられます。

Pixel7シリーズは「ゴリラガラスビクタス」を採用し、強度はじゅうぶんですが「すき間」「ボタン」を守るためアクセサリー類の使用が重要です。

私のおすすめは「Spigen製品」で、多くのガジェット好きから支持を得ています。

Spigen製品は品薄傾向にあるので、早めに確保しましょう。


【⇒Spigen製Pixel7ケースを購入する


【⇒Spigen製Pixel7保護フィルムを購入する


今回は以上となります。

今後もGooglePixelイベントやガジェットに関する情報を、分かりやすく発信しますのでぜひチェックお願いします。

それではまたお会いしましょう。


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

↑クリックで応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


Twitterフォローお願いします🐦
https://twitter.com/thingofpunk


BlogMapやってます🏷&👍
https://blogmap.jp/details/914


「当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」